日本のキャッシングの金利

Categories: キャッシング, 銀行
Comments: Comments Off on 日本のキャッシングの金利
Published on: 2015年1月6日

日本の金利体系は、金利について1980年代は、まだ自由金利になっていなかった。
日本は、戦後まだ規制金利が中心で、経済が成長するにしたがって金利の自由化ができるようになってきた。
金利がまだ規制されていた時代、短期金利は、公定歩合を基準体系にされていて、短期プライムレートや預金の金利は、公定歩合に連動されていました。長期金利は、長期信用銀行の5年利付金融債のクーポンレートに準じていました。貸付信託の配当、長期プライムレートは、これに準じていました。
この時の規制金利状態では、長期なほど金利が高い傾向がありました。
1992年と1993年の規制緩和により、預金金利が自由化され、短期プライムレートと長期プライムレートが作られ規制金利体系はほころび始めました。
また、手形とコール市場では、金利の刻みが変更され自由化が進みました。
しかし、政府系金融機関の基準金利は、相変わらず維持されていました。
これからの政府の方向性に期待がかかります。キャッシング

Welcome , today is 土曜日, 2017年11月25日