ローン特約とは何のためのものか

Categories: カードローン
Comments: Comments Off on ローン特約とは何のためのものか
Published on: 2014年10月21日

住宅を購入する時の条件の一つにローン特約があります。ローン特約とは、一体何のためにつけるものなのでしょうか。
一度売買契約を交わしても、住宅ローン融資が利用できなかった場合は契約をなかったことにできるものがローン特約の特徴です。

ローン特約のない状態で住宅を購入することを決めてしまった場合、支払いの手段がなくなった時が大ごとです。
支払った手付金を放棄して契約解除をするか所定の損害賠償金や違約金を請求されてしまいます。
当然ながら仲介業者の責任も問われることになります。
事前審査などで住宅ローンの契約内定があったからと、ローン特約をつけずに住宅の売買契約をしてしまった時に起こりえます。
一度はローンの内定があったのに、審査の結果でローンを断られたという場合は、問題がある可能性があります。
ローンのための審査書類に問題があった場合や、金融機関に出した書類に問題があったというケースがあります。
仮に、申込者に問題はなくても、銀行側の都合で審査の基準を見直していたということもあります。
後から別のローンが組める金融業者を探すのも大変です。
事前に融資の内定が出ていたとしても万一の場合に備えて売買契約書に住宅ローン特約を必ず入れておいた方が良いでしょう。

ノーローン 評判

Welcome , today is 木曜日, 2017年2月23日