根抵当権とは?

Categories: キャッシング
Tags: No Tags
Comments: Comments Off on 根抵当権とは?
Published on: 2015年1月29日

根抵当権とは一体何なのでしょう。民法第398条の2第1項に記されているその説明を読んでみると、一定の範囲内の不特定の債権を極度額の範囲内で担保するため不動産上に設定される担保物件とあります。しかしこの文章だけでは専門家をのぞき意味が分かりませんよね。分かりやすくするためには根抵当権が生まれた背景から知ると良いかと思います。根抵当権は簡単にいえば経済を活性化するために作られた法律です。銀行とお金の貸し借りを何度も行う会社の利便性のためですかね。通常銀行からお金を借りると抵当権というものを設定し、返せばそれを抹消します。ですが何度も貸し借りを繰り返す必要がある場合、抵当権を設定したり抹消したりと面倒ですし効率が悪いですよね。そこで根抵当権の出番だというわけです。まず銀行が貸す金額の上限を決めます。それを極度額と呼びます。その極度額の範囲内であれば、何度貸し借りがあっても抵当権は変更せずそのままにするのです。このようにずっとそのままにしている抵当権のことを根抵当権と呼びます。こうすればお金を何度貸し借りしてもその都度抵当権を設定・抹消する必要がなく効率的です。

Welcome , today is 土曜日, 2017年11月25日